ワイヤレスマイクの外観、フィーリング、パフォーマンスを再定義する
かつてのラジオの時代から、マイクロフォンはクリエイターの才能を広めることに貢献してきました。今日のクリエイターは縛られない自由と柔軟性を求めています。Cognianceと、オーストリアに拠点に置くMikmeはチームを組み、スタジオ品質のサウンドをいかに録音するかについて改めて考え直しました。その結果がMikmeワイヤレスレコーディングマイクロフォンです。これはまさに革新的なポータブル・ワイヤレスマイクであり、オーディオレコーダーです。音楽でも、歌でも、会話でも、あらゆるオーディオを驚くほどのディテールで記録し、いつでも、どこでも高品質な即興録音が可能。まさに創造性を持ち運べます。
受賞歴のあるデザインとワンボタン機能
今日では、ほとんど誰もが手軽に録音できます。しかし、プロ品質のオーディオ録音は複雑で手間とコストがかかり、多くの人々にとって手の届かないものでした。Mikmeは、工業デザインの専門知識を持つCognianceと力を合わせ、これまでにない製品を生み出しました。よりシンプルで、より直感的で、どのような録音にも対応できるものです。Cognianceは最先端のオーディオ製品設計の実績を生かしてMikmeに協力。洗練されたMikmeのマイクロフォンは、有名な「iFデザインアワード」と、オーストリアで最も権威のある「Staatspreisデザインアワード」(2017年)を受賞しました。耐久性のあるマグネシウム筐体をはじめ、高品質の素材を使った美しくかつ抑制の効いたデザインは、ヴィンテージマイクを現代的な方法で新たに解釈し直したものです。シンプルで使いやすいデザインは、ミュージシャンだけでなく、アーティスト、映画制作者、ソングライター、ポッドキャスター、ジャーナリストなど、人生の特別な瞬間を音声でとらえたいと思うすべての人に最適です。ボタン1つで録音でき、音楽の天才からシャワー中の鼻歌を記録したい人まで、誰もが簡単に使えます。マイク界のGoProだと考えるとわかりやすいでしょう。
録音ブースがあなたの手のひらに
操作はいたってシンプル。Mikmeワイヤレスマイクロフォン&オーディオレコーダーでは、タップ1回で録音が始まります。最大360時間のスタジオ品質のオーディオを16 GBの内蔵メモリに保存可能。オーディオはMikmeアプリと自動的に同期して、簡単に編集、ミキシング、共有できます。Bluetoothにも対応。重さは200グラム強で、既存の機器に接続して使うことも、独立したマイクとして使用することもできます。Cognianceの人間中心の革新的な工業デザインへのアプローチは費用効率に優れ、オーディオ性能にも有益な効果をもたらしました。ケーブルいらず、サウンドブースいらず、手間いらずの製品です。

「私は創造性を捉えるツールを設計し、構築することに情熱を注いでいます。CognianceとMikmeのパートナーシップで、まさにそれを象徴するすばらしい製品を生み出せました。Mikmeは、あらゆるレベルのアーティストやクリエイターにとって、使いやすく美しいツールです」
Philipp Sonnleitner, CEO and founder, Mikme
創造的なプロセスを、もっと創造的に
MikmeとCognianceのパートナーシップにより、クリエイティブな人々の生活を、より生産的で楽しくする製品が誕生しました。人々の自発性も刺激することでしょう。CognianceとMikmeはともにワイヤレスマイクの外観と機能のあるべき姿を再定義し、高品質の録音を小さなボディで実現。このエレガントなマイクは現在100か国以上に広がっています。最先端のテクノロジーと優れたデザインの出会いから生まれたうれしい驚きです。
音楽におけるうれしい驚き
「素晴らしいプロジェクトでした。すべてのユーザーにとって革新的なデザインで、誰もが人生の特別な瞬間を簡単にとらえることができます。いつでも、どこにいてもです」
Manuel Gattinger, Designer Director, Cogniance
Cognianceは、人々を中心としたアプローチをとる設計・
デザイン主導のテクノロジーイノベーション企業です。
企業としての価値を重要視し、お客様に貢献します。
Trianglesvg
All in or nothing
ただ控えめにしていることで世界を変えた人はいません。真の進化を生産するために、「すべてやれることを実行する」ことが重要と私たちは考えます。最初のスケッチの段階から最終納品まで、私たちが持つ力のすべて、そしてそれ以上のものをご提供できるよう努めます。
Lshape
People first
既存の知識や自身の行動パターンに固執すると、設計やデザインに間違いをきたすことがあります。テクノロジーを中心に検討すると、本来の重要なことを見失ってしまいがちです。そのため、私たちは「ピープルファースト」を指針にし、顧客にとって何がベストなのかを常に考察します。
Circle
Good enough is never good enough
あらゆる顧客、プロセスにおいて自分たちの仕事を改善することに誇りを持ち、私たちは常に野心的であることに努めます。お客様だけでなく、私たちの製品やソリューションを実際にご利用になる人々にご満足いただけるまで、絶えず努力を重ねます。
Cube
Real solutions to real challenges
私たちは日夜、意味のあるインパクトをもたらすソリューションをいかに生み出すかを考察しています。お客様と協業により適切なソリューションを設計し、現在を、そして未来を生きる人々の生活にポジティブな影響を与えたいと考えています。

この事例をシェアする